11月22日(木) Zion National Park

今回のグランドサークルの3つの国立公園巡りの初っ端がここZion N.P.だ。 2月にも来ようとチャレンジしたもののラスベガスの誘惑に勝てずに来ることのできなかったZionへついにやってきた。 『地球の歩き方』や『US NATIONAL PARKS/by Discovery Cahnnel』を見てもそれほどきれいな写真が載っていないため、 実はあまり期待しておらず、今回もブライスキャニオンの付録ぐらいにしか考えていなかったのだが、 そこはそんな予想を見事に裏切るすばらしい世界だった。 あちこちにそびえる赤茶けた巨岩が青空に映えて非常に美しい。 その巨大さは目を見張るものがある。各巨岩にはそれぞれ難しい名前がつけられていて、 それを見てまわるだけでもかなりの時間が必要だ。

Zion Canyon Scinic DriveをTemple of Shinawavaへ向かって進んだのだが、 West Temple、Twin Brothers、Mountain of Sun、Three Patriarchsの3つの岩、 Great White Throne、と、次々と現れる岩峰を一つ一つ見ながら進むので車はちっとも先へ進まない。 特にAngels Landingはすばらしい形の岩峰で写真の撮り甲斐十分。 その頂上まで登ることもできるらしいので、いつかは登ってみたいと思う。 そうして入園後1時間半かかってやっと道路終点のTemple of Shinawavaに到着。 ここから延びるThe Narrowsのトレイルを歩くのを今日のメインイベントと据えていた。 しかしここで駐車スペースを見つけるのは一苦労。 シーズンオフだと思うのにこんなんでは、シーズン中はさぞかし大変だろう。

リュックにお弁当のオニギリなどを詰めいざ出発。 最初はバージン川に沿って敷かれた舗装されたトレイルを1.5マイルほど歩いていくことになる。 そのトレイルの終点からはバージン川に沿ってその峡谷を遡って行くらしいのだが、 その景色が写真で見る限りかなりすごい。 そこを目指してトレイルを進んでいったのだが、 このトレイル自体はあまり特徴のない結構退屈なもので途中から飽きてくる。 そして、ついに舗装トレイル終点に着いたところ、 その先は川の水が多すぎてとても遡っていけるような状態ではなかった。 かくしてこれにて本日の探検は終了。リベンジが必要になってしまった。 適当な場所でお弁当を食べて駐車場に戻る。

Zionにはここのエリアの他に、離れた場所にKolob Sectionというエリアがあり、 日没前にそこへ行ってみようと思った。 その前にナショナルパークのスタンプを集めにと、 再びScenic Driveを戻り、エントランス近くのビジターセンターに向かう。 時刻は3時なので残された時間は2時間ほどだろうか。 しかし見た感じもう少し日没は早そうだ。 だが、ビジターセンターでいろいろ情報を集めた結果、 コロブセクションは2時間で行くにはちょっと忙しすぎるみたいなので今回はあきらめることにした。 代わりにCanyon Overlookという展望ポイントを目指すことにした。 ビジターセンターを出発し、UT9号を東へ走り長いトンネルを抜けた先がトレイルヘッドだった。

トレイルへ足を踏み入れたのは4時なのだが、すでに日が沈みかけている。 カリフォルニアに比べたらだいぶ東なので日が沈むのも早いのだろう。 (なんて思っていたが、実はこのとき時差があることをすっかり忘れていた。) トレイルは片側が切り立った崖になっていてちょっと怖い。 そんなトレイルをだいたい20分ほど上っていったところにCanyon Overlookの展望台があった。 これは確かにいい眺めだ。気に入った。 ただ、どの時間帯にきても写真を撮るには光の加減があまりよくない気がする。 朝の光では谷底に手前の岩峰の陰ができてしまうし、夕方は正面に太陽が来るので逆光だろう。 我々の行った時間は太陽が沈んだ直後だったので、あまり労せずして写真は撮れたのだが、 これはこれでちょっと暗目だろう。風が強くなってきて寒いので、あまり長居せずに下山する。

Springdaleから Zion入り口 Angels Landing Three Patriarchs
Great White Throne ビジターセンターから Canyon Overlookからの眺め